データが消える危険性がある

スマホを修理に出す前にデータのバックアップを確認しよう

スマホに入っているデータを守ろう

バックアップのデータは、普段使っているパソコンの中で保管してください。 するとスマホが壊れても、バックアップのデータを入れれば写真や動画が復活します。 思い出の写真や動画を撮っている人が、たくさんいると思います。 修理した時にそれらが全て消えるかもしれないので、対策をしましょう。

仕事で使うデータも入っている

スマホには、たくさんの人の連絡先が入っていると思います。 それが消えると、仕事上で困ることがたくさん訪れるので注意してください。 仕事の連絡をしなければいけない時に、連絡先が消えていると大変です。 連絡先のバックアップも、忘れずに残しておきましょう。

修理に掛かる時間を調べよう

スマホの壊れている部分によって、修理に掛かる時間が変わります。 バッテリーの交換や、ボタンの不具合を直してもらう際は30分程度で済みます。 仕事の合間を見つけて、スマホを修理してもらってください。 早めに修理しないと、復旧できなくなってしまいます。

パソコンがあれば取れる

簡単にスマホで、写真や動画を撮ることができます。
旅行に行った時の思い出を、残している人がいるでしょう。
スマホが壊れた時に修理に出すと、写真や動画などスマホに入っているデータが消えてしまうことが多いです。
思い出が消えてしまうのは大変なので、バックアップを取ってください。
パソコンの中にバックアップを取っておけば、スマホ内のデータが消えてもすぐに復活させられます。
1か月に1回はバックアップを取ると、いつ壊れても安心できるでしょう。

連絡先も同じように消えてしまうので、バックアップを取っておきましょう。
仕事で関わっている人のデータが消えると、また聞かなければいけないので面倒です。
会える人なら良いですが、なかなか会えない距離に住んでいる人は連絡先を知る術がありません。
もう2度と連絡を取れなくなったら困るので、連絡先のバックアップも忘れないでください。
スマホは少し落としただけも壊れるほど、デリケートな存在です。

どこを修理するのかによって、時間や費用が変わります。
ボタンが機能しなくなったという場合は、30分ほどで済みます。
ですから仕事のお昼休みに、修理に持って行くことも可能でしょう。
もし修理に1日以上かかるという場合でも、代わりのスマホを貸してもらえます。
ですから、連絡ができなくて困るということはありません。
スマホが壊れたらすぐ、修理に出すことが大事です。
見た目に異変が起こっていなくても、内部から徐々に壊れていくかもしれません。